読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まった。

それでも待ち合わせ時間には間に合う。

何の焦りもなかった。

こっちが遅くなったため

七菜子さんは先に着いていた。

「すみませーん。遅くなりました。鏡の前で格好つけてたら遅くなりました(笑)」

「いいですよ。行きましょう。」

「はい。」

自分に表現力があれば、この状況を

もっと上手に描写できると思う。

七菜子さんのいいですよは、語尾に(笑)

がつくような冗談ではなく、いいですよ。

と言い切りの形だった。

待ち合わせには10分前に着いたはずだ。

遅刻ではないため、遅れますとは連絡をしなかった。会うと2度目は原因不明で豹変された、過去に2度目で終わった出会いがよみがえる。

「電車1本乗り遅れてしまって。ごめんなさい。七菜子さん今日も早いですね。」

「待たせるのは嫌なので。」

「そうでしたよね。」

うーん。ツンという言葉があてはまるか。

「もしかして七菜子さん何か怒ってます?俺遅かったですか?」

「いえ、怒ってないですよ。ただ。」

「ただ?」

「私一昨日から始まったので。

それでかもしれません。」

「そうなんですね。」

あれが始まった。に対するリアクションとして正しいものを選べ。

という選択肢があったら、この一言を正解としていただきたい。