読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄県の特異性

隣の島までちょっとと言っても、東京、大阪間ぐらい離れているのが沖縄県

移動は飛行機が中心になるため、気軽に隣の島までとはいかない。

地域が小さな島として広大な海域に点在しているような場所だから、飛行機も旅客数が少なくそれほど飛んでいない。

こんな場所だから、孤立的、閉鎖的で、近代産業の発展は望めないだろうね・・・。

海に囲まれた孤立した地域で、隣町まで400kmって、なかなかイメージできないけど、住むにはわびしい気がする。

沖縄には2回、行ったことがある。

確かに風景は綺麗で気候も温暖でよいところだと思ったが・・・。

住みたいとは思わなかった。

どんなに好きな地域でもそこから出られなければ嫌になる。

あきてしまえば刺激が少なく、閉鎖的な人間関係の場所だと思う。

自分は田舎育ちのせいか、島というと「閉じられた田舎」をイメージしてしまう。

そこでは濃厚でうざい人間関係があり、島だけに孤立してさらにタチが悪い。

私は不便な島より便利な本土に住みたいと思う。

それに本土の方が何をするにも安くあがるし・・・。

■「本土と格差」81% 世代間で違いも 沖縄県民調査

(朝日新聞デジタル - 05月12日 00:19)