読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非、計画的遠征・・・(続き)

FITは設置までが花、あれも入るのでは&これも入るのでは・・・妄想がどんどん膨らんで何でも採れそうに思えてくるのである。

・・・が、掛け始めると少しづつ、掛け終わるとかなり現実に引き戻され、さらにこんな当てのないものをあとで回収しなければならない!という現実を突きつけられて憂鬱になってくる。

ともあれ、最後は通常採集抜きでひたすら回収&回収となる。今回は狙いのコメダマがあったこともあり、結構多めの設置数だったので回収は時間のかかる作業。

春先の低温期のFITは難しい・・・高山帯でも一緒だけど、今回も虫が少ない上ディプテラ中心で甲虫はさらに少ない。まあ、出発前から判っていたことではあるが、今回は低温続きで余計に心が重い。妄想がさめた中で淡々と回収を進めていく・・・

最後のFITを回収したら一段落となる。

さすがに時間ぎりぎりにならないようにはしているので、後は飛行機の出発に合わせての時間待ちでわずかばかりの通常採集の時間となる。

でも、寒めで風も強いのでスイーピングでもほとんど虫が入らない。

で自分好みの採集、誰もいない小さな空間で飛ぶ虫待ち。

でも ・・・・・・

・・・・・・・ 当然、虫は飛ばない(気温低いし・・・ )

・・・・・・・ 今まで以上に飛ばない(風も強いからなー ・・・ )

・・・・・・・ でも、他にすることも思いつかない(まあ、時間待ちだし・・・ )

・・・・・・・ 終了5分前、帰り支度を始めようかという時に体のすぐ横を赤いカミキリムシが飛んだ。反射的にネットイン。

ネクマチジヒオドシハナ

私にも綺麗目のカミキリを採る運がまだ残っていたようで嬉しい・・・久々に感激。

最後良ければ全て良し、気持ち良く帰れるというものである。

※ 帰ってからソーティング、妄想から完全に現実に引き戻される瞬間でもある。

当然のことではあるが、予想に違わぬ?結果が待っていた。

コメダマは当然のごとく狙いの物は影も形も無く普通種が1頭のみ、コメツキも種類は少ない。寂しいので、なけなしのいい目の虫をUPしてみます。

一番まともなコメツキがこれ。

アマミアラハダチャイロコメツキ、雌は自己初採集だし沖縄産は初入手

今回のFIT甲虫の中で一番気に入った虫

こういったテントウムシ紋のオオキノコは好きだけど滅多に採れない

ふさひげさんが喜びそうな虫

自分のレパートリーでは無いがよく見ればなかなかカッコイイ!