読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜はシチリアでディナー♪

今夜は南イタリアシチリアまで飛んだ♪(笑)

青山にあるトラットリア・シチリアーナ・ドンチッチョ/Don Ciccoに久し振りに出掛けてシチリア地方の料理を堪能して来た♪

最初は渋谷の辺鄙なトコにある、やはりシチリア料理のピノサリーチェに行こうと思って予約を入れたらイベントで貸し切りで駄目だった、ピノサリーチェもドンチッチョもドルチェでカンノーリと云うシチリア地方伝統のお菓子が置いてある♪

ピノサリーチェは行ったコトが無かったのでどんなカンノーリを食べさせてくれるのか?にまず興味があったし、一概に評価や評判を信じる訳ではないけどリストランテとしての評価も高いから一度行きたかったのだが残念だ♪

カンノーリはカンノーロとも云うが、平たく練った小麦粉のシートをのり巻きの様に丸めてパリッと油で揚げて、空洞の中にリコッタチーズと生クリームを混ぜ合わせたクリームを詰めたドルチェで、そのクリームの中にはリキュールに浸けたドライフルーツ等が刻んで混ぜてあったりする♪

そもそもカンノーリを初めて知ったのは遠い昔に観たゴッドファーザーと云う映画でだ、、ゴッドファーザーの部下が裏切り者を始末する為に出掛ける時奥さんにカンノーリを買う様に頼まれる、でクルマの中で裏切り者を始末した部下は自分の手下にカンノーリをクルマに忘れるな、と云うシーン、、、ゴッドファーザーの別のパートではやはり裏切り者を始末する為にカンノーリに毒薬を混ぜて薬殺するシーンだ、カンノーロに目が無い好物なので裏切り者は疑いもせず食べてしまう♪

昔のコトで記憶が曖昧になっているがそんな感じでカンノーリが映画で描かれていたが、当時なんでカンノーリと云うお菓子にそんなに拘るのか?違和感があった♪

また、そのお菓子らしいカンノーリとは一体どんな物なのか?どの様な味なのか?が長年の疑問でもあった♪

昔は現代の様にパソコンも無いので、現代の様に簡単に調べるコトが出来なかった♪

カンノーリはシチリアの伝統的なお菓子だ、ゴッドファーザーに出てくるマフィアと云うかギャング達はシチリア出身だ、恐らく原作の小説の中でシチリア出身のマフィアの郷土愛を現す大事なシークエンスだったのだろうと思う、、映画でも大事なシーンとして描かれていたが、当時のワタシはそこまで物語を洞察出来なかった♪

ドンチッチョは久し振りだったが本当に美味しい料理ばかりだ、巷にはイタリアンレストランやトラットリアは溢れているが、イワユルその辺のイタリアンとは全く違う♪

北イタリアのフレンチを意識したソースのある料理とは違って南イタリアシチリアの料理にソースは無い、絶妙な塩加減や焼き加減、軽く仕上げたスモーク、、一緒に行った元妻ことママは食べた瞬間「アッ」て小さく声をあげて、思わず美味しいネ、って云った♪

カンノーリとシチリア料理を食べたくて彼女を誘ったら快諾してくれた、勿論ママはドンチッチョは初めて♪(笑)

人気店なので、いつも満席だ、土曜だし間際だったからヘタしたら予約が取れない可能性もあったが少し遅い時間だったが運よく予約が取れて良かった〜ラッキー♪(笑)

ずっとずっと疑問だったカンノーリを初めて食べたのが、このドンチッチョだ、カンノーリがあるコトを知った時には小躍りした♪

以来カンノーリのルセットを調べたり、検索した、しかしあまり情報は無い♪

ある時、「グレーテルのかまど」と云うNHKの教育テレビの料理番組を観ていたらカンノーリを取り上げていて、、驚いたコトにシチリア伝統のドルチェでゴッドファーザーでも登場したコトまで伝えていて、こんなマニアックなコトを番組のプロデューサーなりが知っているコト自体に二度ビックリした♪

番組を観ていてカンノーリを作るのは結構手間隙掛かるお菓子であった♪

しかし、ルセットは頭に叩きこんだので近いうちに自分でも作ってみる予定をしている♪(笑)

ママとは離婚しているとは云え気心は知れているので気楽に楽しい雰囲気で食事が出来た♪

今娘が何しにロスやニューヨークに行っているのか?とか友人知人が亡くなった話や友人知人の近況とか話は多岐に渡ったが、二人とも美味しく満腹になり幸せな時間となった♪

お値段ですか

ま、一般的なイタリアンの倍くらいかな

そう、勿論カンノーリはお土産でも持ち帰った♪(爆)

( ̄O ̄)

https://g.co/kgs/pBGCfd

☆これがデセールと云うかドルチェのカンノーリ♪

☆アンティパスト 前菜はホワイトアスパラのサラダ仕立て、歯ごたえと云い素材を生かした味わいは本当に美味しい、付け合わせの半熟卵は仄かにキャラメルの香りが♪

もう一品はカジキマグロを軽くスモークしたカルパッチョルッコラのサラダ仕立て、最高かな♪

☆パスタは茄子とリコッタチーズのトマト風味のペン ネ、イケる味わい♪