読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらされ感

「勉強しなければいけない」という言葉が使われるが、これこそが勉強が楽しくない証拠。

「ゲームしなければいけない」と言う人は、めったにいない。「ゲームするな」と子供に注意しても、隠れてでもゲームをしたがるはず。禁止されても、「どうしてもやりたい」というのが、好き、楽しいということ。

「なければならない」という「やらされ感」のある状態では、ストレスホルモンが分泌されるようだ。

「どうしてもやりたい」という状態では、ドーパミンが出ているようだ。多くの人は電車に乗ると、ポケットからスマホを取りだし、ゲームやSNSを始める。

これが習慣化ということ。

勉強が楽しいと思うようになると、寸暇を惜しんで勉強するようになる。なぜなら、より楽しいを実現するために、ドーパミンが勉強のモチベーションを高めてくれるから。さらに、ドーパミンの学習、記憶増強作用によって、圧倒的に学習効率が高まり、勉強の効果も表れもっと楽しくなる。ドーパミンのポジティブな連鎖反応によって、圧倒的に自己成長するようだ。

勉強は、やらなければいけないものでも、するものでもない。「勉強しよう」と自らをふるいたたせること自体が、無意識でやらされ感を強調して脳にブレーキをかけているようだ。

だから、勉強しようと思ってはいけないようだ。

勉強が楽しいので、無意識にやってしまう、やりたくてしようがなくなる状態になると、全てがムダなく、うまく回り始めるようだ。これは仕事に関しても同じ。