読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪杯

大阪杯

今年からG1に格上げされたレースで、昨年まではそれこそG1の前哨戦だったレースなのでデータはあまり意味持たないかも。

阪神内回り2000m。

土曜の感じだと内回りだとそこそこの位置にいないと無理っぽい。

今回の肝になるのが

マルターズアポジー&ロードヴァンドールの存在。

例年ではG1の前哨戦という事もあってほとんどがスローペースになるこのレース。

だが今年は違う。

有馬記念ではスローに落としたマルターズアポジーだったが小倉大賞典はハイペースで飛ばして勝つ強い競馬をした。

控えたロードヴァンドールは次走金鯱賞は逃げて2着。

小倉の前走は逃げて勝ったし今回も逃げたい。

逃げたい2頭が競ればペースは上がる。

またしても内枠を引いたキタサンブラックは少し離れた3番手を逃げ馬の様な感じで悠々と走るだろう。

ただし、2000mの距離、直線の短い阪神内回りの舞台ならば小倉大賞典で逃げ切ったマルターズアポジーをキタサンは軽視は出来ない。

よって早めのスパートを強いられる。

さてどうなるか・・・。

キタサンブラック

この馬の強さは

・530kgの雄大な馬体からのパワー

・大きなストライド

・無尽蔵とも思えるスタミナ

弱点は

・直線瞬発力勝負は分が悪い

ストライドが大きいので小回りは長所をスポイル

・短い距離は長所をスポイル

今回の舞台阪神2000mは今まで走ったG1の中では距離が一番短い皐月賞と同じ距離。

内回りも皐月賞と同じ。

もちろんあれから凄まじく成長してるのであまり参考にならないかもしれないがやはり2000mは少し短い印象。

馬場が荒れて上りのかかる競馬になれば多少プラスになったが、土曜の競馬を見たら3歳500万下アザレア賞で33秒台の上りが出る馬場。

これでは本来のスペックの70%くらいしか発揮できないのではなかろうか。

それでも現役最強馬の一頭なので馬群に沈んだりはしないだろうが「1着」は厳しいのではなかろうか。

ハードな調教が評価されてるがちょっとやりすぎな気もしないでもない。

この馬の潜在能力は認めているしここではやはり力は上位。

枠も絶好。

よって○対抗評価とする。

過去のこのレースではスローペースゆえに切れ味が活きるディープインパクト産駒が好結果。

だが今年は違う。

さらには直線が短いので後ろ過ぎると届かない。

〜アンビシャス〜

アンビシャスは後ろからだろう。

小回りも距離も合ってるがスローからの直線勝負が身上。

キタサンブラックとその前に行く馬達がそういう流れにはしないだろうし恐らく3コーナー辺りからのロングスパートになるかと。

テン乗りの福永。

この馬の能力を全開に引き出すのも難しいので消し。

マカヒキ

前走は明らかに休み明けで叩きの動きだった。

直線で差すかと思ったところで止まった感じがした。

ウリウリの弟という血統からすると古馬になって距離適性がはっきり出てきたのかもしれない。

そういう意味では前走からの距離短縮はプラス。

そこそこの位置も取れるようになったので内回りもOK。

ただ坂ではエンジンがなかなかかからないので直線が短いのはマイナス。

調教は抜群だった。

ただし大外はちょっと厳しい。

単穴▲評価とする。

サトノクラウン

ここ2戦で本格化したように思える素質馬。

ただし香港ヴァーズの勝ちタイムは2:26.2。

マカヒキが勝ったダービーが2:24.0で2秒以上遅い。

前走も結構渋った稍重

やはり時計のかかる馬場でこそという印象はぬぐい切れない。

血統もそう。

明日良馬場ならいらない。

〜ミッキーロケット〜

このレースでは好成績が全く出てない最内に入ってしまった。

ここ2戦出遅れてるだけに嫌な枠。

前走は出遅れを考慮すれば良い内容だったが他馬が叩きだったことを考えるとこの馬のそこからの上積みはあまり無さそう。

ヤマカツエース

今回のG1大阪杯の個人的な印象は

「2000mの有馬記念

有馬記念同様ある程度前目で差す馬が強そうな感じでペースはしっかり速そうで底力が問われるレース。

直線には坂があってあまり直線は長くない。

坂をグングン上れる馬が強い。

昨年の有馬記念はスローペースもあって前に行った3頭で決まってしまった。

そんな中で中団より後ろから4着に来たのがヤマカツエース

距離を考えたら掲示板にすら来ないと思っていたのにまさかの上り最速というオマケつきで4着。

しかも4コーナーでは手応え抜群。

直線も凄い勢いでグングン抜かす。

しかし進路が無くなって少しブレーキして内に切れ込んだところでゴ−ル。

進路があれば3着争いしてたかもしれない。

手応えは抜群だったのでもう少しポジションが良ければ3着は確実だった、かも。

そんな中で最も得意な2000mにあの有馬記念が距離短縮したら・・・。

そんな妄想をせずにはいられない。

調教はここ数戦ずっと素晴らしい。

夏は体重を20kgくらい落としてしまうくらい夏に弱く寒くなると20kgくらい増える。

明日はまだ寒いだろう。

昨年の秋天から30kg増えて別馬のように成長した。

前走金鯱賞有馬記念以来の休み明けで太目残り過去最高体重。

それでも残り200mくらいまでほとんど馬なりでちゃんと追ったのは200mだけで完勝した。

ステファノスルージュバックはガシガシ追ってたのにである。

父の厩舎の馬でG1を勝つのが夢と言ってる池添。

今回ここを叩いて春天宝塚記念やクイーンエリザベスに向かうとかいう馬がいる中でここメイチなのはこの馬が一番。

◎本命にする。

ヤマカツエース

キタサンブラック

マカヒキ